女性が働きやすい職場環境は、業種や職種、男女比と関係があるのでしょうか?

女性が就職活動をする際に押さえておきたいポイント

女性の場合、人生の計画の中に結婚・妊娠・出産・子育てを組み込まなければならない時期があります。

若いうちはピンとこなくても、やがて結婚、妊娠、出産、育児といった時期が来ると、この先どうするか考えなければならない時がやってきます。

その時が訪れてから、あれこれ思い悩むよりも、志望する企業を選ぶ段階でそれらをはっきりさせておいたほうが、より先々の計画が立てやすくなります。

産休・育休に関しては法的に定められているため、各企業の規約の中に盛り込まれていますが、実際には、産休・育休が取りやすい会社、取りにくい会社があり、各企業によって異なるのが現状です。

まずは家庭と仕事どちらを優先させたいか、両立させたいかをはっきりさせよう

女性が就職活動をする際に、仕事をするにあたり何を優先させたいかがはっきりしていると、志望する企業や職種を選ぶ時役立ちます。

家庭を優先させたいという人であれば、結婚・妊娠・出産・子育ての時期にそれぞれ家庭にかかる比重をあらかじめ予測しておくといいでしょう。

もし聞けるなら身近な人に結婚後も働いていたか、妊娠何か月くらいまで働いていたか、産休・育休を取得した時の状況、育休明けに職場復帰した時の状況などを聞いておくといいでしょう。

企業説明会ではこうした踏み込んだ話はなかなか聞きづらいものです。もし聞けるようであればOB訪問、OG訪問の時にそれとなく聞いてみるといいでしょう。

志望する企業の生の情報を聞くことができます。家庭を優先させるとなると、子供が小さいうちは、急な病気で会社を休んだり早退することが起きてきます。

そうしたことに理解がある会社かどうかは入社して働いてみないと分からないことが多いので、できるだけいろいろな人に話を聞いておくと参考になります。

なかなか聞きにくい各企業の福利厚生はOB、OG訪問の時にこっそり聞いてみる

産休・育休の取得状況、特に男性が育児休暇を取っているかどうかは、その会社が女性が働きやすい職場かどうかを知る目安になります。育児休暇を取る男性社員が多ければ、その会社は育児への理解があると考えてもいいでしょう。

また、有休休暇の取得率も、子育てに理解があるかどうかの判断材料になります。家庭と仕事を両立させたい、仕事をバリバリやりたい、という人であれば、女性の管理職の割合や総合職の女性の勤続年数を調べてみるといいでしょう。

企業説明会に出ているのが20代の若い女性ばかりだと、女性の採用人数が少ないか、勤続年数が短いなど、女性が長く働ける環境ではない可能性もあります。

逆に、社内の男女比を気にする企業では、企業説明会の人事説明会に女性をおくことが多いので、その辺りも参考にするといいでょう。女性を多く採用する企業が、必ずしも女性にとって働きやすい職場とは限りません。

女性を採用する人数と平均勤続年数は比例しないので、その点を注意してください。

福利厚生や、産休・育休に関してはデリケートな部分が多く、企業説明会では聞きにくい内容も数多くあります。できるだけたくさんの働いている女性から、どのように家庭を仕事を両立させているか聞いて、幅広いサンプルを集めておくといいでょう。

就活支援サイトや就活イベントには女子限定のものもあります。こうした女性限定の就活支援サイトやイベントを活用して、自分に合ういい仕事を見つけるために役立ててください。

オルニパワー、レバリズム
https://www.homesongstories.com/%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%90%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0.html