就職・転職活動がうまくいくかどうかの成功のカギは情報収集

転職活動を成功させるカギは情報収集

転職活動する上で大事なのは、求人情報を含め、会社や業界の正確な情報を、いかに素早く効率よく収集できるかにかかっています。

学生が就職活動の一環で行う企業研究や業界研究と違い、転職活動での情報収集は、社会人経験があるだけに、より身に迫った情報を求めるようになります。その企業の業績や理念、業界内でどんなポジションにいるか、将来性はあるか、社内の人間関係など、気になることはたくさんあります。

どこから必要な情報を収集するかがカギ

就職活動もそうですが、転職活動でも、次の転職先の会社の情報収集が転職活動を成功させるカギになります。ところが、働きながら求人情報や他の会社の情報収集をするとなると、時間的にも余裕がなく、なかなか思うように進みません。

企業側は求人募集広告にはネガティブな情報を載せることはまずありませんから、その会社で働く人の生の情報を得るには、今その会社で働いている人か、以前のその会社で働いていた人に話を聞くしかありません。

インターネットも会社の口コミが書き込みされています。たいていは以前その会社に勤めていた人の書き込みです。その書き込みをした人が、その会社にどんな印象を持ち、どんなふうに働いて、どんな理由で辞めたかまでは書き込みの内容から推測していくしかありません。求人サイトや転職サイトは、働きながら求人情報を収集するのにぴったりです。

登録すれば、非公開求人をはじめ、転職にまつわるさまざまな悩み事を相談したり、転職にまつわるコラムを読むこともできます。これ以外に、自分が転職したい業界の動向や、会社内部の様子など、表には出てこない裏情報を担当者からそれとなく聞き出す方法もあります。

仕事に結びつくかどうかだけでなく、こうした求人・転職サイトの担当者から得られる、今現在の生の情報は、転職活動を進めていく上でとても役に立つでしょう。

登録するサイトに迷った時は転職フェアを利用してみよう

インターネット上にはさまざまな特徴を持つ求人・転職サイトがあります。それぞれ、大企業や上場企業の案件が多い、非公開求人が多い、サポート体制が整っているなどの特長があります。通常、転職活動をする人は、一つのサイトだけでなく複数のサイトに登録するのが一般的ですが、それでも、どのサイトがいいのか迷うという場合もあります。

そういった場合は、転職フェアを利用するのも一つの方法です。ターゲットが絞り切れてない場合は広く浅く情報収集し、ターゲットが絞り込めていればより深く掘り下げて情報収集していくのが転職活動を成功させるコツです。”