主婦が家事や育児と仕事を両立させるために頭に入れておきたいポイントとは?

主婦が仕事をする上で、家事や育児と仕事をどう両立させるか

主婦が仕事をしたいと思った時、ネックになるのが家事と育児をどう両立させていくかです。

家事や育児を優先させると思うように仕事が見つからない、仕事に就けても融通が利く職場とは限らない、など悩みは尽きません。とはいえ、仕事を優先させると育児や家事がおろそかになり、いずれは家庭の中がギクシャクしかねません。

人それぞれおかれた状況は違いますが、どのように時間をやりくりしていけばうまくいくのでしょうか?

主婦をターゲットにしたパートは収入の調整に協力的

主婦が仕事をしたいと思う動機は、その人がおかれた状況によって違ってきます。収入が少なくやりくりが厳しいから、働くことを余儀なくされることもあれば、家庭の中に閉じこもるのが嫌で外へ出て働きたいと考える人もいるでしょう。

あるいは結婚前や出産前にしていた仕事に復帰しなければならない人もいるかもしれません。よく耳にするのは、働きたいけれど収入は扶養の範囲内におさめたいというパターンです。主婦向けのパートには、こうした意見を反映して、収入が扶養の範囲内で収まるように調整してくれる職場もあります。

調整の仕方は職場によってさまざまで、勤務時間を短くすることで調整するところもあれば、週×日勤務という形で調整するところもあります。繁忙期は少し多めに仕事をしてもらうけれど、暇な時期は一月弱まとめて休みにするところもあります。

経済的にゆとりがあるなら資格取得や在宅ワークもおすすめ

すぐに収入を得たいという事情がなければ、育児の合間をぬって資格取得の勉強をする時間に充てるというやり方もあります。医療事務や調剤事務、介護事務、ホームヘルパーなどは主婦を対象にしたパートの仕事が多く出る職種なので、取っておいて損はないでしょう。

パソコンのスキルがあれば、家事や育児の合間に在宅ワークをすることもできます。内職は報酬の単価が安いのが難点ですが、時間を拘束されず自分の空いた時間を自由に使えるメリットもあります。

育児は今しかできないこと。ライフスタイルに合った働き方を

働きに出る場合、保育園など子供の託児先を確保しておかなければなりません。職場に託児所があるところもありますが、ないところは自分で保育園を探さねばなりません。

小さいうちは、急に具合が悪くなるなど体調を崩すこともよくあるので、万が一、自分で迎えに行けない場合に備え誰か頼れる人とネットワークをつないでおくことも頭に入れておくといいでしょう。

家事は工夫次第で時短ができますが、育児はそうもいきません。時間のやりくりがうまくいかないな、と思ったら頭を切り替えて、子供がある程度手が離れ自分の時間ができる時期まで待つこともたいせつです。”