履歴書と違い形式が自由な職務経歴書。実は自己PRの絶好の機会にも

履歴書には書ききれない職務経験のアピールをする場が職務経歴書

職務経歴書の一番の目的は、実務能力のアピールです。履歴書では書ききれない部分を、職務経歴書でアピールします。

記載項目は自由ですが、ただ自分の職務経験を並べるだけでは、採用担当者の興味をひくことはできません。

企業が中途採用する場合、即戦力となる人を求めていることが多いため、企業が求めているのはどんな能力のある人材か、そして自分が持っている実務経験や能力で企業にアピールできるものは何かを分かりやすく記載しなければなりません。

職務経歴書でチェックされるのは経歴だけではない

形式が決まっている履歴書と違い、職務経歴書は決まった形式が無く、記載項目は自由です。

市販の職務経歴書もありますが、職務経歴書をパソコンで見る採用担当者もいるため、パソコンで職務経歴書を作成するのが一般的なようです。

枚数は、A4の用紙に2枚でおさめるのがよいといわれています。採用担当者が職務経歴書を見るスピードは一枚あたり5秒といわれています。

そのため、企業が求める経験や能力を自分が持っていることを要約文の中でうまくアピールしなければなりません。職務経歴書は、自分の今までの実務経験をアピールするだけのものではありません。

採用担当者は、職務経歴書の文章やレイアウトから、応募者の書類作成能力やプレゼンテーション能力も判断するので、職務経歴書をいかに作成できるかがたいせつです。

時系列にこだわらず、経験やスキルに合わせて読みやすいようにまとめるのも一つの方法

実務経験を記載する時に、時系列に沿って業務内容をまとめる方法と、直近の業務から過去に遡ってまとめる方法があります。

現在から過去に遡ってまとめる方法は、職務経歴が長い人や40代以降の人におすすめです。

これとは別に、職業上の能力や経験をPRしたい人はキャリアを中心にまとめ、他の職歴は簡単に記載するにとどめるやり方もあります。

これは、異動や転職が多い人、幅広いキャリアを持つ人、技術職の人など、ある能力や経験をアピールしたい人におすすめです。

採用担当者が知りたいことを、短い時間できちんと把握できるように構成することが重要です。

職務経歴書には、決まった書式が無く記載が自由な反面、読みやすい文章か、要旨が簡潔に分かりやすくまとめられているか、見やすいレイアウトになっているか、という部分も採用担当者はチェックしています。

気を抜かずにきちんと作成することで、効果的な自己アピールにつなげることができます。

履歴書の写真編集が必要ならWindowsのペイントを使う方法もあります。

参考:[Windows]ペイント 画像を並べるカンタンな方法

女性が働きやすい職場環境は、業種や職種、男女比と関係があるのでしょうか?

女性が就職活動をする際に押さえておきたいポイント

女性の場合、人生の計画の中に結婚・妊娠・出産・子育てを組み込まなければならない時期があります。

若いうちはピンとこなくても、やがて結婚、妊娠、出産、育児といった時期が来ると、この先どうするか考えなければならない時がやってきます。

その時が訪れてから、あれこれ思い悩むよりも、志望する企業を選ぶ段階でそれらをはっきりさせておいたほうが、より先々の計画が立てやすくなります。

産休・育休に関しては法的に定められているため、各企業の規約の中に盛り込まれていますが、実際には、産休・育休が取りやすい会社、取りにくい会社があり、各企業によって異なるのが現状です。

まずは家庭と仕事どちらを優先させたいか、両立させたいかをはっきりさせよう

女性が就職活動をする際に、仕事をするにあたり何を優先させたいかがはっきりしていると、志望する企業や職種を選ぶ時役立ちます。

家庭を優先させたいという人であれば、結婚・妊娠・出産・子育ての時期にそれぞれ家庭にかかる比重をあらかじめ予測しておくといいでしょう。

もし聞けるなら身近な人に結婚後も働いていたか、妊娠何か月くらいまで働いていたか、産休・育休を取得した時の状況、育休明けに職場復帰した時の状況などを聞いておくといいでしょう。

企業説明会ではこうした踏み込んだ話はなかなか聞きづらいものです。もし聞けるようであればOB訪問、OG訪問の時にそれとなく聞いてみるといいでしょう。

志望する企業の生の情報を聞くことができます。家庭を優先させるとなると、子供が小さいうちは、急な病気で会社を休んだり早退することが起きてきます。

そうしたことに理解がある会社かどうかは入社して働いてみないと分からないことが多いので、できるだけいろいろな人に話を聞いておくと参考になります。

なかなか聞きにくい各企業の福利厚生はOB、OG訪問の時にこっそり聞いてみる

産休・育休の取得状況、特に男性が育児休暇を取っているかどうかは、その会社が女性が働きやすい職場かどうかを知る目安になります。育児休暇を取る男性社員が多ければ、その会社は育児への理解があると考えてもいいでしょう。

また、有休休暇の取得率も、子育てに理解があるかどうかの判断材料になります。家庭と仕事を両立させたい、仕事をバリバリやりたい、という人であれば、女性の管理職の割合や総合職の女性の勤続年数を調べてみるといいでしょう。

企業説明会に出ているのが20代の若い女性ばかりだと、女性の採用人数が少ないか、勤続年数が短いなど、女性が長く働ける環境ではない可能性もあります。

逆に、社内の男女比を気にする企業では、企業説明会の人事説明会に女性をおくことが多いので、その辺りも参考にするといいでょう。女性を多く採用する企業が、必ずしも女性にとって働きやすい職場とは限りません。

女性を採用する人数と平均勤続年数は比例しないので、その点を注意してください。

福利厚生や、産休・育休に関してはデリケートな部分が多く、企業説明会では聞きにくい内容も数多くあります。できるだけたくさんの働いている女性から、どのように家庭を仕事を両立させているか聞いて、幅広いサンプルを集めておくといいでょう。

就活支援サイトや就活イベントには女子限定のものもあります。こうした女性限定の就活支援サイトやイベントを活用して、自分に合ういい仕事を見つけるために役立ててください。

オルニパワー、レバリズム
https://www.homesongstories.com/%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%90%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0.html

主婦向け求人検索サイトは働く主婦の条件にあった検索ができるのが特長

主婦層をターゲットにした求人サイトとは?

求人サイトは新卒者向けや転職者向け、女性をターゲットにしたものや、一つの業種に特化したものなどさまざまなものがあります。そんな中で主婦層をターゲットにした求人サイトがあり、働く主婦に特化した絞り込み検索機能や、スキルアップ研修の実施、税金や社会保険についての基礎知識についてのコラムが読める点などが主婦の人気を呼んでいます。

主婦をターゲットにした求人サイトや派遣会社を利用するメリット

育児が一段落して仕事に復帰したいと考えた時に、ブランクや年齢を気にする人は少なくありません。主婦をターゲットにした求人サイトでは、働く主婦の悩みに応えた構成になっているのが特長です。

主婦向けの求人サイトでは、求人を絞り込む項目に、職種や勤務地、給与、休日などの他に「働くママ歓迎」「扶養控除内」「産休育休取得事例あり」「16時前退社OK」「週3日勤務」「週4日勤務」「10時以降出社OK」などの検索絞り込み機能が設定されているので、自分に合った条件の求人が探しやすくなっています。

主婦向け求人サイトも他の求人サイト同様、大手企業の求人が多いものや、主婦歓迎の求人を多く掲載しているもの、地元地域密着型のサイトなどさまざまなものがあります。持っている資格を活かして高時給のパートが探せたり、就職するとお祝い金がもらえる求人サイトもあります。

ここ数年、派遣会社では主婦層の派遣社員の需要が増えています。派遣会社では、保育施設の補助金制度の実施や育児相談などの育児支援サービスやスキルアップ研修などが行われており、働く主婦のバックアップ体制が充実しています。

どう優先順位をつけて時間管理するかが大事なポイント

主婦が働く環境を整えたり改善するためには、自分のやりがいを明確にすることと、どう優先順位をつけて時間管理をするかが大事なポイントになってきます。仕事の幅を広げるために必要になってくるのが資格取得などのキャリアアップです。

こうしたものは、資格取得の勉強を始めてすぐ身につくものではないので、勉強にどのくらいの期間がかかり、どのくらいの資金が必要かあらかじめ調べたうえで準備する必要があります。今日、明日とすぐさま必要ではなくても、将来的に必要なものは、焦らずじっくりと取り組んでいくといいでしょう。

逆に、すぐに必要なものは、家事や育児など毎日ルーティンでしているものが多いはずです。ちょっとした工夫で時短できるので、少しずつ改善できるようにしておくと後々便利です。あってもなくてもいいものは必要に応じて手をつけるようにするなど、柔軟に対応していくといいでしょう。

30~40代、50代というと職探しが難しいイメージがありますが、職種によってはなくてはならない年代と歓迎されることもあります。ヘルパーなどの介護職はこの年代の主婦は、利用者からの人気が若い人よりむしろ高いくらいなので、介護分野の資格取得を視野に入れておくのもおすすめです。

就職活動する上で役立つ人材紹介会社のスカウトサービス

人材紹介会社のスカウトサービスを利用するメリットとは?

就職活動や転職活動をする上で、人材紹介会社などを利用してスカウトサービスを活用する人が多いようです。就職サイトや転職サイトなどに登録する際に、スカウトメールを受け取るにチェックを入れておくと、企業や就職サイトからのスカウトが受けられる仕組みになっています。

就職サイトは、そのサイトごとに、大企業や上場企業の案件が多いところ、中小企業の案件が多いところ、業種を限定しているところなど、さまざまな特徴があります。

いいキャリアコンサルタントの見分け方

就職サイトや転職サイトに登録する前に、その運営会社がどんな会社や仕事の案件を出しているからよく観察しておきましょう。複数のサイトに登録している企業もありますが、たいていの会社はコストの関係で、登録する運営会社を一つに絞っていることが多いです。

自分が就職したい業種の案件をどのくらい持っているか、どんな職種や業種の案件が多いかを、登録前によく観察しておきましょう。就職サイトを利用して就職活動や転職活動をする上で、明暗を分ける要因の一つがキャリアコンサルタントの腕です。登録時に自分の経験やスキル、希望を伝えます。

企業側は、募集する職種やどんな人材が欲しいかを人材紹介会社に伝えて求人を出します。企業側の要望をきちんと聞き取れるかで、そのキャリアコンサルタントが腕がいいかどうかが分かります。自分で探しただけでは出会えない、思いがけない企業との出会いがある一方で、キャリアコンサルタントがおかしたミスマッチに悩まされる人も少なくありません。

どんなキャリアコンサルタントがつくかは半ば運次第といえなくもありませんが、ふだんのやり取りの中で、そのキャリアコンサルタントが頼れる人かそうでないかを推測することもできます。企業の要望をきちんと把握できているか、こちらの要望をきちんと理解しているか、納得のいくアドバイスをしてくれるかどうかなどが判断材料になるでしょう。

人材紹介会社のキャリアコンサルタントは、有能が人がつけば、就職活動の大きな助けになってくれます。こうした人が担当につけば、安心して仕事の紹介を受けられるでしょう。

スカウトメールは必ずしも採用に直結するものではなく企業との出会いを広げるためと割り切る

人材紹介会社のスカウトメールは、登録者の中から条件に合った人すべてにスカウトメールを送っているケースもあります。あるいは、そのように抽出したデータの中から企業がさらに選んでスカウトメールを送っている場合もあります。

そのため、スカウトメールが来たからといって、必ずしも採用に直結するとは限りません。スカウトメールは、自分の視点だけで探していた時には出会えなかったかもしれない企業との出会いのきっかけを作るものと、割り切ることも大切です。

就職・転職活動がうまくいくかどうかの成功のカギは情報収集

転職活動を成功させるカギは情報収集

転職活動する上で大事なのは、求人情報を含め、会社や業界の正確な情報を、いかに素早く効率よく収集できるかにかかっています。

学生が就職活動の一環で行う企業研究や業界研究と違い、転職活動での情報収集は、社会人経験があるだけに、より身に迫った情報を求めるようになります。その企業の業績や理念、業界内でどんなポジションにいるか、将来性はあるか、社内の人間関係など、気になることはたくさんあります。

どこから必要な情報を収集するかがカギ

就職活動もそうですが、転職活動でも、次の転職先の会社の情報収集が転職活動を成功させるカギになります。ところが、働きながら求人情報や他の会社の情報収集をするとなると、時間的にも余裕がなく、なかなか思うように進みません。

企業側は求人募集広告にはネガティブな情報を載せることはまずありませんから、その会社で働く人の生の情報を得るには、今その会社で働いている人か、以前のその会社で働いていた人に話を聞くしかありません。

インターネットも会社の口コミが書き込みされています。たいていは以前その会社に勤めていた人の書き込みです。その書き込みをした人が、その会社にどんな印象を持ち、どんなふうに働いて、どんな理由で辞めたかまでは書き込みの内容から推測していくしかありません。求人サイトや転職サイトは、働きながら求人情報を収集するのにぴったりです。

登録すれば、非公開求人をはじめ、転職にまつわるさまざまな悩み事を相談したり、転職にまつわるコラムを読むこともできます。これ以外に、自分が転職したい業界の動向や、会社内部の様子など、表には出てこない裏情報を担当者からそれとなく聞き出す方法もあります。

仕事に結びつくかどうかだけでなく、こうした求人・転職サイトの担当者から得られる、今現在の生の情報は、転職活動を進めていく上でとても役に立つでしょう。

登録するサイトに迷った時は転職フェアを利用してみよう

インターネット上にはさまざまな特徴を持つ求人・転職サイトがあります。それぞれ、大企業や上場企業の案件が多い、非公開求人が多い、サポート体制が整っているなどの特長があります。通常、転職活動をする人は、一つのサイトだけでなく複数のサイトに登録するのが一般的ですが、それでも、どのサイトがいいのか迷うという場合もあります。

そういった場合は、転職フェアを利用するのも一つの方法です。ターゲットが絞り切れてない場合は広く浅く情報収集し、ターゲットが絞り込めていればより深く掘り下げて情報収集していくのが転職活動を成功させるコツです。”