新卒者が就職に関連した情報を収集するにはどんな方法があるのか

新卒者が求人情報を探すにはどんな方法がある?

新卒者向けの求人情報は、学校に設置されたキャリアセンターをはじめ、ハローワークや新卒者を対象にした求人サイトなど、さまざまなところで見かけます。中には志望する企業や仕事内容にあわせて資格取得や国家試験を受けるケースもあるでしょう。

自分がやりたい仕事の求人情報を見つけるには、どんな方法があるのでしょうか?

ハローワークでも新卒者を対象にした就職相談を行っています

学生が求人情報を収集する一般的な方法としては、学校に設置されたキャリアセンターの利用かもしれません。キャリアセンターに求人情報を出している企業は、その学校の学生の採用を検討していることが多く、OB、OGがその企業で働いているケースも多々あります。

会社訪問やOB・OG訪問は就職活動の一環ですが、同じ学校のOBやOGが志望先の企業にいると心強いでしょう。ハローワークでも新卒者や若い人向けの就職相談コーナーがあります。地元企業への就職を考えているなら、こうした公共機関を利用してみるのもおすすめです。

キャリアセンターやハローワークでは、履歴書やエントリーシート、職務経歴書の書き方のアドバイスを行ったり、面接のアドバイスをしてくれます。

求人サイトにも新卒者を対象にしたものがあります

インターネットにも新卒者を対象にした就職サイトが多数あります。こうしたサイトを利用するメリットは、自分で業界研究や企業研究を進めていってもなかなか掴めない生の情報が得られる点です。

就職サイトのエージェントは、さまざまな企業とかかわるため、その業界全体の動向やその企業が同業他社の中でどんな立ち位置なのか、今どんな動きがあるのかをつぶさに見ています。また、就職活動する上で、書類の作成方法や、服装で気を付けたいポイントなど、さまざまな悩みが出てきます。

就職サイトではこうした悩みに対応するため、コラムを公開したり、アドバイスなどのサポートを行っています。いろいろ利用して自分に合うものを見つけていくといいでしょう。”